全国女性税理士連盟

全国女性税理士連盟は創立60周年を迎えます!

入会案内特設サイト

女税連について

女税連とは

全国女性税理士連盟(女税連)は、女性では唯一の税務専門家集団です。
全国女性税理士連盟は、会員相互の親睦と研鑽、会員の社会的地位の向上と権益の擁護を目的として
1958年に設立されました。

女税連の魅力

  1. 魅力01インテリジェンス
    さまざまな研究活動や研修会を通じて、
    税理士個人としての資質向上を積極的に支援しています。
    • 専門性
    • 向上心
    • 勤勉

    01インテリジェンス

  2. 魅力02連帯感
    会員同士の親睦が深まり、
    税理士間でのネットワークが大きく広がります。
    • 繋がり
    • 仲間との一体感
    • コミュニケーション

    02連帯感

  3. 魅力03女性らしさ
    女性税理士の視点に立った税制や法改正など、
    豊富な活動実績があります。
    • 細やかさ
    • 優しさ
    • しなやかさ

    03女性らしさ

女税連のあゆみ

1958年(昭和33年)
8月10日「全国婦人税理士連盟」創立総会
1961年(昭和36年)
「家計と家族の計算書」国税庁より青色申告簡易帳簿として承認
1967年(昭和42年)
総会時に研究報告始まる
1969年(昭和44年)
東西支部設立
1972年(昭和47年)
「夫婦財産制」についてシンポジウム開催
1975年(昭和50年)
「民法の一部を改正する法律」に関する請願
1990年(平成  2年)
欧州税制•福祉視察旅行
1992年(平成  4年)
「21世紀を支える女性と税〜パート就労100万円の壁を考える」シンポジウム開催
1994年(平成  6年)
「税理士会会員の通称使用についてのお願い」を日税連に提出
1999年(平成11年)
「全国女性税理士連盟」に名称を変更
2002年(平成14年)
欧州成年後見制度視察旅行
2002年(平成14年)
「専門職(税理士)における女性の就業と生活に関する調査」アンケートの実施と報告書の作成
2003年(平成15年)
税理士会会員の旧姓使用が認められる
2007年(平成19年)
創立50周年記念式典、五十年史の発刊、創立50周年シンポジウム開催(東京・大阪)
2009年(平成21年)
ベトナム視察旅行